患者さんの安心と信頼

入院している患者さんがより安心して過ごすことができるように、看護師の力というのが必要不可欠です。もちろん、医師の力も重要になってきますが、実際に現場で患者さんと長く接するのは看護師といえます。そのため、そういった意味では看護師の努力が必要だと言えるでしょう。医師に認められるために、さまざまな勉強をしてスキルアップすることももちろん重要ですが、何よりも大事なのは現場で担当の患者から良い目で見てもらえることです。ナースコールが鳴れば、直ちに現場に急行できるように準備しておきましょう。また、自分の担当になっている患者さんがいつも安心できるよう、少しだけでも話を聞いてあげるようするといいかもしれません。くだらない内容でも構わないので、心の支えになってあげることが大切です。そういった看護師になることができれば、さまざまな人たちから信頼を集めることができるようになります。そのような結果を出すことにより、自分自身も仕事がしやすくなるでしょう。さまざまなタイプの看護師が存在していますが、やはり優しくて多くの人たちに頼られる看護師になった方が、本人としても満足できるに決まっています。現場でナイチンゲールのような存在になれば、他の看護師や医師・患者から信頼されるようになり、よりいっそう仕事が楽しくなるのです。自分のためにも患者さんのためにも、日ごろから安心できるような環境づくりを忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です