患者の悩みを解消する責務を持つ看護師

入院患者の多くは手術を控えていることが多く、医療従事者からは想像もつかないような不安を抱えていることが多々あります。極度の不安がある状態は、手術中の容態に大きな影響を与えることがあるのです。そのようなことから、その不安を取り除くということも医療に携わる人として行わなければなりません。それが実現できなかった場合は、抗不安薬を投与することによって精神の安定を図ります。しかし、そういった事態にならないようにできることが理想であることは言うまでもないでしょう。そこで活躍する医療従事者が看護師です。いつも患者さんの側にいることから心を開いてくれる可能性が最も高く、話を聞いて安心を得てくれると期待することができるでしょう。そういった役割を担うのが看護師であり、ただ身辺のお世話をしたり医師のサポートをしたりする以外にも、こういった重要な役割があるのです。患者さんにとってみれば、医師のいうことには従わなければならないという気持ちを持っていることが多くあります。医師がいくら大丈夫だと言っても、なかなか心から安心することはできません。しかし、より身近にいる看護師からの言葉がより心に響き、安心して手術に臨めるようになる可能性が高まるのです。手術の際には未知の不安が必ずついてまわることから、どんなときであっても不安や悩みをさりげなく聞いてあげることが大切です。そうすることによって、看護師は医療従事者としての責務を果たすことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です